陽の当たる坂道

アクセスカウンタ

zoom RSS マザコン

<<   作成日時 : 2008/06/20 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お久しぶりです…って、ここをいつもチェックしている人っていたのかな?(笑)
とにかく、かなり間が空いてしまって、それだけサボってしまいました…

別にネタが無かった訳じゃなくて、ミク?イの方にはずっと書いていたし、
とにかく、本を読む機会がなかなか無かったんですよね。ライブに集中していて。
そんな感じで、久々に本の感想なんぞを書いてみようと思っています。

手に取った本は、角田さんの「マザコン」という一冊です。
全部で8つの短編が収められていて、それの全てのテーマが「母」ということ。
それも幼い自分に対しての母というのではなく、それなりの立場になった自分に対しての
少し老いを感じさせられる年齢になった母という。そんな母との微妙な関係が綴られていて。

主人公の年代が、ぶっちゃけ自分とそんなに離れていない(というか同じ位なのかも…)なので
少し同感するような部分もあり、身に詰まされるような部分もあるのかな?という感じがして。
まあ、自分が“母親っこ”っというのも理由なのかな?なんて思ったりして(笑)

8つのストーリーの中で、一番好きなのは?というと「クライ、ベイビイ、クライ」でしょうかねえ。
主人公の転落っぷりがかなり激しい感じで、最後の母とのやり取りがなかなか緊迫感がありまして。
人間ってこうもなっちゃうのかな…という気がしながらページが進みました。ちょっと怖かったけど。
というか、話が好きというよりは、一番ストーリーに入り込んでしまった…と言った方が正しいかも?

他もなかなか良くて、角田さんらしく海外のあつ〜い街を舞台にした話もあったし、
どれも読み応えがありましたよ。登場人物の“喜怒哀楽”がとってもよく表れていて。

母というのは、自分が知らないいろんな部分を持っていて、それは“母が母になった”年齢に
自分が近づいてゆくにつれて、それが少しづつ分かってくるんでしょうね。男女の関係無く。
小さい頃は気がつかなかったけど、母の内心が理解できるようになってくるにつれ、
自分もオトナになってきたのかな?なんて思ったりします。まだ立派な人間とは言い難いですが(笑)

そんなちょっぴり切ない気持ちになりながら、久々に楽しく一冊を読ませて頂きました。

またこの先、日記がしばらく空いてしまわないように、次回は近いうちに綴らないと…と思っています(苦笑)
今回の一冊をきっかけに、また読書モードになったかもしれません。雨が多いこの時期、いいですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「三面記事小説」「マザコン」感想 角田光代
本当は「予定日はジミーペイジ」が読みたかったのだけれど、図書館にまだ入っておらず、その変わりに他の角田光代さんの新刊2冊を借りて来ました。 ...続きを見る
ポコアポコヤ
2009/01/28 20:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マザコン 陽の当たる坂道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる