陽の当たる坂道

アクセスカウンタ

zoom RSS 温室デイズ

<<   作成日時 : 2007/06/12 02:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

だんだんと読書モードが戻りつつある最近の私。ライブとかに行きつつもね。
そんな中、夜中に一気に読破しちゃいました。今回はその本についてです。

瀬尾まいこさんの「温室デイズ」という小説を読みました。前から楽しみにしていた本で。
ストーリーは、ある中学校に通っている主人公のみちるがいじめに遭ってしまい、
その中で友達の優子と共に、何とか前へ進んでいこうとする…という感じでしょうかね。

読み終わって真っ先に感じたのが「そんな中学校だったよなあ…」という、ある種の共感。
この作品のようないじめはさすがに無かったにせよ、校内の雰囲気みたいなのが。
瀬尾さんは現役の教師をされているので、自分の経験から生まれてくる「リアルさ」が
ストーリーにかなり表れているような気がします。現実の教育現場、こういう感じなのかも。

あまりネタバレするとマズイけど、必死にいじめに耐えるみちると少し道を外れる優子、
その2人の別々の視点から見えてくる学校の現状が、少し痛々しい感じもするんだけど、
2人は小さい所から変えてゆこうとしながら話は進んでいきつつ、卒業式の日を迎えます。

劇的な結末という感じでもないし、ハッピーエンドなんだろうか?というのも難しいけど、
それぞれに過ごした中学生活の3年間は、読んだ人に対しいろいろな事を問いかけるようで
題名の「温室デイズ」の意味が分かった時、なるほど…と思うような、切ないような感じで。

こういう中学生活で何か得るものはあると思うけど、さすがにいじめに遭うのは辛いだろうし
だけど、この3年って人生の中で結構重要な時間だと、今になって感じるんですよね。
話の中でいくつか共感する部分もあったし、当時中学に通っていた頃には気付かない事も。
いじめはこの世からは無くならないだろうけど、被害にあった子を助ける手が一番重要かも。
「いじめっ子」と「いじめられっ子」って、ちょっとした事でどちらにもなる危険性はあるしね。

この本、瀬尾さんの作品の中では結構重いテーマですけど、現実が垣間見られる話で
なかなか面白かったと思います。また別の作品も読んでみたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
温室デイズ 【瀬尾まいこ】
教室に紙飛行機が飛びはじめ、押しピンは天井に刺さり、禁止されているのに自転車登校の生徒がちらほら出てくる。 始まりの合図に、教師たちはまだ気づかない。 トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。けんかのレベルがあがる。 少しずつ壊れていく学校… ...続きを見る
*読み出したら止まらない*
2007/07/01 11:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
温室デイズ 陽の当たる坂道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる