陽の当たる坂道

アクセスカウンタ

zoom RSS 優しい音楽

<<   作成日時 : 2007/02/22 02:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またも?という感じで、瀬尾まいこさんの本を読みました。
一度ハマり出すと止まらなくなるのが、私っぽいな…という気もしますけどね(笑)

この本には3つのストーリーがありまして、どれもありがちな日常生活の中で
たった一人が起こす「ちょっとした変化」が登場人物達にふりかかってくる…という感じで。
どの話も、ほのぼのとした雰囲気が出ていて、特に劇的な変化があるわけじゃないんですが。

3つのうちでどれがいいか?ということになれば、私は「タイムラグ」を選びます。
不倫相手の男に娘がいて、その子を1泊2日で預かることになる主人公の女。
その1泊2日という時間の中で、娘が行きたい!というある家へ行くラストまでの展開が好き。
いろんなウソを付いて、男の金も使いこみそうになるんだけど、目的の家で主人公の女は…
こういう微妙な人間関係が、妙に面白いんですよね。他人のような、そうでもないような。
「タイムラグ」というものがジンワリと効いてくるラストが、ホンワカとした気持ちになります。

「がらくた効果」の正月風習ネタも勉強になったし(そこかい!笑)
「優しい音楽」の、兄を亡くした妹の恋心も切ないです。ありえない出会い方も凄いけど。

どの作品も、人と人との心の繋がりが優しい感じで描かれています。
瀬尾さんの作品って、こういった話が多いのかな。まだ2冊しか読んでませんが。
でも、なかなかジンワリと染みる一冊でした。疲れた時にオススメの本かもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
優しい音楽 陽の当たる坂道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる