陽の当たる坂道

アクセスカウンタ

zoom RSS インストール

<<   作成日時 : 2006/10/01 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

もう10月ということで、秋がだんだん深まってきますね。いい季節。
そんな最中、読み終わらずに溜まっていた本の中から一冊読みました。

それは綿矢りささんの「インストール」で。前々から読みたいと思ってて、
なかなか機会が無かったんですけど、やっと手に取る事が出来ました。

いや、これがなかなか面白かったです。いろんな人の書評を読む限り
「蹴りたい背中」よりも「インストール」の方が面白い!というのが多く、
本当にそうかな?と思ってたんですけど、確かにそうかもしれません。

ストーリーは無気力な毎日を過ごしている主人公の女子高生が
学校へ行かなくなってしまい、同じマンションに住む年下の男の子に
怪しいチャットを紹介してもらう。「簡単に金を稼げる!」というのだが…

人と接するのがイヤだった主人公が、チャットの世界にハマっていくにつれ
顔が見えない人との対話から「自分は何か変わったか?」というのから
“人間の温もり”みたいなのを欲しくなってくる。まだ無気力ではあるけど。

主人公と年下の男の子とのやり取りがなかなか面白い感じで、
結構「下ネタ系の言葉」が出てくるのも、リアルっぽくてイイかも(笑)
オチは何となく読めましたけどね。でも、嫌いじゃないオチです。
あ、そういえば“チャットを落ちる”についての部分は共感しましたね。

綿矢さんが綴る文章がいかにも若々しくて、女子高生の心情とか、
そういったものがかなり詰まっていますね。読んでいて気持ちいい。
「蹴りたい背中」とこの2作品しかないのが残念ですが(多分?)
また、綿矢さんの作品を読んでみたいですね。しかし、若いなあ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
綿矢りさ【インストール】
史上最年少で芥川賞を受賞した綿矢りさちゃんの本を初めて読んだ。本当は「綿矢りさ先生」とお呼びすべきだろうが、著者の顔写真がまー可愛らしいこと。まさに文壇アイドルである。 ...続きを見る
ぱんどら日記
2006/12/06 14:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インストール 陽の当たる坂道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる