陽の当たる坂道

アクセスカウンタ

zoom RSS 角田光代「だれかのことを強く思ってみたかった」

<<   作成日時 : 2005/07/23 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

角田さん集中読破シリーズ(勝手に命名・笑)な私、昨夜も読んでいました。

この作品は東京をテーマにした写真の中で、それに合った角田さんの短編が
綴られているようなんです。いわゆるフォト小説みたいな感じ。

どれもなかなかいいんだけど、選ぶとしたら書き下ろしの「東京」かな。
3人は幼い頃ず〜っと一緒の学校に通っていて、上京する時も一緒の電車だったんだけど、
それぞれは別に仲がいい訳でもない。親の勝手みたいなもので一緒だったんだから。
でも、主人公は東京に着いた後でも他の2人の事をずっと気にしていて…こんな話。

なんかジ〜ンとくるというか、それぞれの人生を想うと、切なくなってきました。
転落した者もいれば、特に普通な毎日を送っている者…もう会う事は無いだろうけど、
それぞれがどこかで繋がりを持ちたいと思う主人公の気持ちがとても良く分かります。

小説もそうですけど、写真の数々もなかなかいいんですよね。
私は東京の街がとっても好きです。神宮外苑や東京タワー、下町の裏路地とか、
どれも「東京の風景」がストーリーと相まって、読む人に強く伝わってきそうな感じですね。

さてさて、さっきうちの方でも地震がありました。特に大きい被害は無かったのが幸いでしたが。
ホント、何が起こるか分かりませんよね。明日なんて保証されてないかもしれないし。

「だれか…」の中の「世界の終わり」に出てくる、ちょっと変な女の子の事を思い出しました。
そんな人と一緒に居られたら、何が起こっても怖くはないぞ!と思える…のかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「いつも旅のなか」「誰かのことを強く思ってみたかった」感想 角田光代
角田さんが今まで行かれたあちこちの国での出来事や、出会った人、心に残ったエピソードなどを綴ったエッセイ本。私が行った国が幾つかかぶっていたので、興味深く読みました。 ...続きを見る
ポコアポコヤ
2006/11/02 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、だいぶ前に 「いつも旅のなか」と「誰かのことを強く思ってみたかった」読んでいたのですが、記事にしてみました。
TBさせて下さいね☆
「東京」は、印象に残るお話でした。私も自分の子供の出産の時、同じ部屋だった人と、かれこれ10年以上交流を持っていたりするので、人ごととは思えない部分もありました(^^;)

何かで、ちらっと見たのですが、11月4日頃だったかな・・、文化放送だか、何かのラジオで、角田さんが自分の作品「誰かのことを強く思ってみたかった」内の確か・・・「Rさんのこと」を朗読するそうです(ゴメンナサイ!!あちこち不確かで。あ、私は聞けないな、と思って、ちゃんと記憶しておかなかったのです(;_;)
latifa
2006/11/02 16:59
>latifaさん
こんばんは。レスが遅れてしまってスイマセン…
「東京」の話もそうですけど、ある所で出会いがあって
そこからずっと繋がっている人との繋がりって
不思議なものがありますよね。運命的にも思えて。
そんな出会い、意外と自分の人生に影響を与えてるかも?

そうなんです。ある新聞の夕刊に記事が載ってました。
角田さんのラジオ出演。この後日記に書きますけどね。
内容のリンクを張っておくので、良かったらご覧下さい。
takeshi
2006/11/04 02:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
角田光代「だれかのことを強く思ってみたかった」 陽の当たる坂道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる